紫外線が健康に及ぼす影響とスキンケア

紫外線には種類があるのを知っていますか?
作用の違いから波長の長いほうから順にA波・B波・C波と分類され、
地上に届いているのはB波(UVB)とA波(UVA)です。
C波(UVC)は、短波長紫外線と呼ばれ、波長短いためオゾン層で吸収される紫外線です。
紫外線は体内でビタミンDを作るなど健康に良い面もありますが、浴びすぎると健康被害をもたらすことがあり、
特に波長が短い紫外線ほどその被害は有害であると言われています。
一般的に夏などの日差しが強い晴れた日はしっかりスキンケアを行う人が多いですが、
曇りや雨の日など日差しがそこまで強くない日でも紫外線は少なくない為、しっかりとケアを行う必要があります。
まず基本的なスキンケアとしては、ちょっとした外出や庭など外に出て作業をするときなど、
日焼け止めを塗るようにすると随分変わってきます。
短時間でも紫外線は蓄積されるため、少しだからと油断していると、
毎日の積み重ねである日シミができてしまったなんてことになりかねません。
また、普段のメイクにも紫外線カット剤の入った化粧下地やファンデーションを使うと、より肌を保護してくれます。
もし日焼けをしてしまったら、いつものスキンケアでは肌荒れなどを起こす可能性があります。
日焼けをした肌の状態は、細胞が傷ついて水分を保つことができにくくなっています。
炎症を起こして熱を持っている状態なので、まずは専用のローションで熱を抑えることからはじめます。
ヒリヒリした状態が治まり始めたら、刺激の低いクリームなどを使って肌を守りましょう。
そうやって肌が健康な状態に戻ってから、ようやくいつものスキンケアを行っていくとよいでしょう。
日焼けをしてしまったら、とにかく熱を抑えること、そのままにせずいつもより入念なケアを行いましょう。